創業延享元年<1744年>

0

入来屋について

当社、入来屋の歴史は古く、延享元年(1744年)の開業でございます。

長崎奉行所が幕府の方針により、「唐船貿易品に俵物諸色の輸出を主にするように」との令に賜わり、長崎商人方のうち、帯屋荘次郎、岸八平衛、播磨屋九八郎に、入来屋新右衛門も加わった計8名にて、奉行所の協力のもとに、全国に手配し俵物、諸色 1800貫目を集荷し『俵物会所』に納入しておりました。

俵物とは、俵に入れ唐船に輸出した煎海鼠(いりこ)・干鮑(ほしあわび)・鱶鰭(ふかひれ)を言い、諸色とは一般海産物のことを言います。

現在、株式会社入来屋は、延享年間より続けております砂糖をはじめ小麦粉、その他の食品全般、健康食品の卸業として、営業を行っています。

入来屋の取扱商品

入来屋にて取り扱っている商品の詳細ページをご案内いたします。

*商品の上にマウスをお合わせると詳細ページへご案内!*

びわの種とコラーゲンクリーム

長崎の伝統料理

オンラインショッピング

入来屋の取扱商品は、オンラインにてご購入が可能です。

 明治中期・中国からの荷物 

お知らせ

入来屋

Irikiya

since 1744

 

入来屋の商品へのご質問、その他お問い合わせは、下記メールフォームよりご連絡ください。

​担当より折り返し連絡いたします。3日経っても連絡がない場合は、お手数ではございますが、095-813−3255までお電話をお願いいたします。

© 2019 株式会社入来屋

お問い合わせ